北海道ニュース UHB

2020年の交通事故件数は"過去最少" 死者数も過去2番目…二輪事故増加 北海道

2021年1月18日11:30
 2020年に北海道内で発生した交通事故件数が過去最少になったことを北海道警が発表しました。
 
 北海道警によりますと2020年1月から12月に発生した交通事故(物損事故を除く)は7898件で、前年から1697件減少し、記録が残っている1966年以降最少を4年連続で更新しました。

 交通事故による死者数は144人で、前年から8人減り、1947年以降、過去2番目に少ない数字でした。(過去最少は2018年の141人)

 最も減少したのは高齢者の歩行中の死亡事故で、前年比11件減少。高齢者以外の歩行中の死亡事故と自動車乗車中の死亡事故が前年比10件減少となっています。

 一方、オートバイ乗車中の死亡事故は前年から9人増え、高齢者の自転車乗車中の死亡事故も前年から8人増えています。

 負傷者数は9043人で前年から2003人減り、1万人を下回ったのは1963年以来57年ぶりとなりました。

 違反の内容では、前方不注意が25.7%で最も多く、次いで速度違反18.8%。飲酒運転に伴う死者数は10人と前年から3人増えていて、北海道警は引き続き飲酒運転の取り締まりに取り組む方針です。

直近のニュース