北海道ニュース UHB

北海道50代女性含む6人死亡 92人感染 2週間ぶり2ケタに…会食でクラスターも

2021年1月19日15:08
 北海道内で1月19日、新たに新型コロナウイルスの感染者が6人死亡、92人の感染が確認されました。

 北海道内での死者発表は72日連続となり、計546人になりました。北海道発表分3、札幌市1、函館市2人です。

 北海道発表分の1人は50代女性で、函館市の1人は、死亡後にPCR検査をしたところ陽性が確認されたということです。

 感染者は92人。北海道発表分25、札幌市47、旭川市1、函館市14、小樽市5人です。

 1月5日以来2週間ぶりに100人を下回りました。

 14人の感染が確認された函館市は2日ぶりに感染者が10人を超え、新たなクラスターが確認されました。

●会食(函館市):6人
 1月15日から18日にかけて会食に参加した6人の感染が確認されました。市内の飲食店で友人同士で会食をしていたということです。

 函館市は濃厚接触者の調査を進めています。

 1人の旭川市は4日連続、5人の小樽市は26日連続で感染者が確認されています。

【1月19日北海道発表分の感染者情報】
▼空知地方:1人

▼石狩地方:3人

▼後志地方:2人

▼胆振地方:3人

▼渡島地方:1人

▼上川地方:2人

▼留萌地方:4人

▼オホーツク地方:1人

▼十勝地方:5人

▼釧路地方:3人

 北海道警は、職員の感染を発表しました。
●北海道警察本部 運転免許試験課
 40代男性事務職員と、警部補の感染が1月18日に確認されました。

 2人とも手稲区の札幌運転免許試験場に勤務していて、事務職員は運転免許データ管理業務などに従事、警部補は運転免許証作成に伴う審査業務などに従事し、業務上の住民との接触状況を調査中です。

 北海道警は、2人と接触した可能性のある9人を自宅待機としています。

 学校での感染も確認されています。
●北海道星置養護学校
 教職員の感染が確認され、当該教職員が関係する学年を当面閉鎖とします。


 政府は東京と近隣の11都府県(東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・京都・福岡・兵庫・愛知・岐阜・福岡・栃木)に緊急事態宣言を発令しています。

 "GoTo"トラベルの一時停止も2月7日まで延長。北海道は「集中対策期間」を2月15日まで1か月延長し、新たにススキノ地区のすべての飲食店に午後10時までの時間短縮営業の要請をするなど対策を強化しています。

 北海道は緊急事態宣言を要請する基準として、新規感染者が直近1週間に人口10万人あたり25人を超えた場合を新たに決めていて、1週間平均では1327人。

 北海道は1月18日までの1週間では「計1091人」。「10万人あたり21人」で基準内ですが、札幌市は「28人」と基準を超える状態が続いています。

 北海道内の感染者は、計15995人となりました。

直近のニュース