北海道ニュース UHB

旭川市約1か月半ぶり…"デイサービス"で新たなクラスター確認 最大3施設で発生か

2021年1月21日17:41
 北海道旭川市は1月21日、新たに新型コロナウイルスの感染者が5人確認されたことに加え、新たに高齢者福祉施設でクラスターが確認されたことを発表しました。

 旭川市内でクラスターの確認は2020年12月7日以来約1か月半ぶりです。

●通所型デイサービス:8人
 職員の感染が確認され、濃厚接触者の検査を進めたところ、計8人(施設従事者7、利用者1)の感染が確認されました。

 施設は職員11人、利用者191人の計202人ですが、職員も利用者も他のグループ2施設に行き来しているため、旭川市は計3施設でクラスターが起きている可能性があるとみています。

 運営するグループは、計6つの施設があり全体で従業員51人、入居者と利用者で約550人になるということで、旭川市は約300人の検査を始めたということです。

 旭川市内の病床使用率は約11%と落ち着いた状況ではありますが、旭川市は「デイサービスは職員も利用者も外部から入る。市中にコロナウイルスがあるということを認識し、節度をもった行動をしてほしい」と呼びかけています。

直近のニュース