北海道ニュース UHB

「新たなチャレンジを」新幹線で宅配便輸送"貨客混載"検証 函館・青森6時間短縮も

2021年1月22日11:50
 JR北海道は、北海道新幹線の空いている座席に宅配便の荷物を載せて運ぶ「貨客混載」の検証を始めました。

 水上 孝一郎 記者:「宅配用の専用ボックスが改札口に到着しました。これから新幹線に積み込まれていきます」

 JR北海道と宅配大手の佐川急便が、1月21日夜に行った検証。 

 新函館北斗駅から新青森駅に向かう新幹線で、空いている席に載せた専用のボックスが安全に輸送できるかを確認しました。

 こうした営業車両を使って荷物も運ぶ「貨客混載」についてJR北海道などは、2021年度中の事業化を目指しています。

 JR北海道 鉄道事業本部 企画室 木村 琢哉 課長:「新型コロナの影響で客も少なくなっている。空席を有効活用して新たなチャレンジをしたい」

 事業化されれば、フェリーを使った方法より6時間ほど早く青森への配達が可能になります。

直近のニュース