北海道ニュース UHB

新型コロナの ”変異株” 北海道初「感染が疑われる事例」…原則入院の対応へ

2021年3月5日21:52
 北海道札幌市で3月5日、これまで確認された新型コロナウイルスの感染者の中に、北海道内で初めて変異株が疑われる事例があることが分かりました。

 変異株は感染力が強いとされ、英国、南アフリカ、ブラジルに由来する3種類が世界的に拡大しています。

 札幌市では2月28日から変異株のスクリーニング検査を進めていて、感染の疑いが判明した時点で、原則入院の対応をとることにしています。

 変異株をめぐっては、3月5日も新たに全国で17例確認されました。

 確認された17例は、埼玉県2例、新潟県2例、岐阜県3例、岡山県1例、石川県1例、神奈川県2例、京都府5例、兵庫県1例です。

 国内では20都府県で194例、空港検疫で57例の計251例が確認されています。

直近のニュース