北海道ニュース UHB

4人死亡 34人感染北海道…"2つの病院とパーティー関連"のクラスター拡大続く

2021年2月26日18:40
 北海道は2月26日、新たに新型コロナウイルスへの感染が確認された34人中、北海道発表分22人(再陽性1人)の詳細を発表しました。

 26日は4人が死亡(北海道発表分3人、旭川市1人)、感染者は札幌市9人(再陽性1人)、旭川市1人、小樽市2人が確認され、あわせて34人。3日連続で50人を下回りました。

 北海道発表分として、新たなクラスターは確認されていません。

 これまでのクラスターが拡大しています。
●「恵庭第一病院」(恵庭市)
 新たに入院患者3人の感染が確認され、この関連の感染者は計72人(職員15人、入院患者57人)となりました。


●大人数のパーティー(倶知安町)
 新たに一般客2人の感染が確認され、この関連の感染者は計17人(参加者11人、従業員1人、一般客5人)となりました。


●「公立芽室病院」(芽室町)
 新たに職員3人と入院患者5人の感染が確認され、この関連の感染者は計14人(職員5人、入院患者9人)となりました。


【2月26日北海道発表分の感染者情報】(再陽性含む)
●岩見沢市:1人

●恵庭市:3人(中等症1人)

●倶知安町:1人(イギリス国籍)

●ニセコ町:1人

●京極町:1人

▼胆振地方:2人

▼上川地方:1人

▼十勝地方:9人

●帯広市:1人

●芽室町:1人(再陽性・中等症)

●釧路市:1人

▼根室地方:1人

 26日は新たなクラスターは札幌などでも確認されていません。

 34人中、7人の感染経路が不明で、重症者は前日から3人減って3人。うち札幌市が前日から3人減って1人となっています。

 政府は栃木県を除く東京と近隣の10都府県(東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・京都・福岡・兵庫・愛知・岐阜・福岡)に発令している緊急事態宣言を首都圏を除く6府県(大阪・京都・兵庫・愛知・岐阜・福岡)を先行解除する方針で調整を進めています。

 北海道も3月7日までの「集中対策期間」は継続する一方、2月28日までの札幌市と小樽市の不要不急の外出自粛や往来自粛の要請、札幌の飲食店などへの時短要請を終了することを決めました。

 北海道内の感染者は、計18975人となりました。

直近のニュース