北海道ニュース UHB

"250種類"のツバキが一堂に…一足早い春の訪れ 北海道最大規模 珍しい品種も

2021年2月28日13:25
 北海道札幌市の百合が原公園では、道内最大級のツバキ展が開かれています。

 来場者は、一足早い春の訪れを楽しんでいます。

 色とりどりの可憐な花を咲かせ、春の訪れを感じさせるツバキ。

 札幌市北区の百合が原公園の温室では、道内最大級の規模となる約250種類、280株のツバキが、鉢植えを中心に展示されています。

 会場にはなじみのあるものから普段目にする機会の少ない珍しい品種もあり、訪れた人達は、一足早い春を楽しんでいました。

 ツバキ展は3月21日まで、百合が原緑のセンターで開かれています。

直近のニュース