北海道ニュース UHB

社員2人感染…運転士など約50人”PCR検査”で31本運休「同じ休憩室」JR北海道

2021年3月1日11:40
 JR北海道は、社員2人が新型コロナウイルスに感染し、運転士など50人もPCR検査を受けていることから、函館線の31本を運休しています。

 JR北海道によりますと、2月28日までに倶知安保線管理室に勤務する社員2人が、新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。 

 このため、同じ休憩・宿泊室を使っていた運転士など約50人がPCR検査を受けることになり、運転士の人繰りがつかなかったことから、函館線の「快速ニセコライナー」など31本が運休し、900人に影響が出ています。 

 JR北海道は、一部区間でバス代行するなどして対応しています。 

 社員の新型コロナウイルス感染で、運行に影響が出るのは初めてだということです。

直近のニュース