北海道ニュース UHB

稲穂峠国道5号で”雪崩発生” 軽乗用車1台巻き込まれる…運転手「自力脱出」 ケガなし

2021年3月2日13:33
 3月2日午前、北海道共和町国富から仁木町大江3丁目間の国道5号線で雪崩が発生し、3月2日午後1時現在、復旧作業が続けられています。

 3月2日午前10時30分ごろ、北海道共和町の稲穂峠で雪崩が発生しました。

 警察によりますと、雪崩の規模は幅約30メートル、深さは約1.5メートルです。

 雪崩発生時、付近を走行していた軽乗用車1台が巻き込まれ、ガードレールまで押し出されましたが、運転手の男性は自力で脱出し、ケガはないということです。

 3月2日午後1時現在、小樽開発建設部は、共和町国富から仁木町大江3丁目間の国道5号線で通行止めとし、除雪作業が進められていますが、復旧のめどは立っていないということです。

直近のニュース