北海道ニュース UHB

釧路市の病院”入院患者” 15人感染「新たなクラスター」 北海道60人感染 3人死亡

2021年3月3日18:55
 北海道は3月3日、新たに新型コロナウイルスへの感染が確認された60人中、北海道発表分35人の詳細を発表しました。

 感染者は札幌市で21人、函館市と旭川市でそれぞれ1人ずつ、小樽市で2人確認され、北海道全体で計60人。8日ぶりに50人を上回りました。

 釧路市の「医療法人社団敬愛会 白樺台病院」で40代~100歳代の入院患者15人の感染が確認され、新たなクラスターと認定されました。いずれも軽症か中等症だということです。

 3月3日は合計3人が死亡、北海道発表分1人(80代男性)、札幌市発表分1人(80代女性)、旭川市発表分(非公表)です。

 これまでのクラスターも拡大しています。

●「恵庭第一病院」(恵庭市)
 新たに入院患者1人の感染が確認され、この関連の感染者は計79人(職員17人、入院患者62人)となりました。

●「公立芽室病院」(芽室町)
 新たに職員2人、入院患者1人の感染が確認され、この関連の感染者は計29人(職員7人、入院患者21人、委託職員1人)となりました。

【3月3日北海道発表分の感染者情報】
●恵庭市:2人

●石狩地方:1人

●ニセコ町:1人

●倶知安町:3人

●胆振地方:3人

●渡島地方:1人

●上川地方:1人

●オホーツク地方:1人

●十勝地方:3人

●帯広市:1人

●釧路市:16人

●釧路地方:1人

●宮城県:1人

 北海道は3月7日まで「集中対策期間」を継続する一方、2月28日までの札幌市と小樽市の不要不急の外出自粛や往来自粛の要請、札幌の飲食店などへの時短営業要請を解除しました。

 北海道内の感染者は、計19163人となりました。

直近のニュース