北海道ニュース UHB

北海道 "集中対策"の次は「黙食」要請へ…感染拡大すれば「まん延防止措置」検討も

2021年3月3日19:15
 道は、予定通り「集中対策期間」を3月7日で終了する方針ですが、3月8日以降は新たに、期限などは設けず「黙食」などの感染防止策を要請し、感染状況が悪化した場合には「まん延防止措置」の要請も検討していることがわかりました。

 道は、3月7日までを「集中対策期間」としていて、予定通り終了させる方針です。

 一方で、年度始めの人の移動が増える時期に備えるとともに、ワクチン接種の環境づくりに向けて、「新規感染者数133人・床数250床以下」といった「道の警戒ステージ2」を目指す方針です。

 具体的には、3月8日以降、飲食時に会話を控える「黙食」などを新たに道民に要請し、「ステージ2」達成で終了させたい考えです。

 また、10万人あたりの新規感染者数が週平均15人を超えるなど感染状況が悪化した場合は、道が飲食店に対して強い措置を行う「まん延防止等重点措置」を新たに検討するとしています。

直近のニュース