北海道ニュース UHB

ルヴァンカップ 好スタートのコンサドーレ 試合後ペトロヴィッチ監督コメント

2021年3月4日13:00
 北海道コンサドーレ札幌は3月3日、JリーグYBCルヴァンカップ、グループステージ第1節を戦いました。アビスパ福岡相手に3対2で勝利。勝点3を手にしました。試合後、コンサドーレの指揮官、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督にインタビューしました。以下、ペトロヴィッチ監督のインタビュー内容です。

 「Jリーグには簡単に勝てる相手はいない。きょうのゲームも難しいゲームだった。ルヴァンカップのグループステージはリーグ戦と並行して戦っていく。ターンオーバーして戦うことが多い。きょうは両チームともリーグ戦から多くの選手が入れ替わり、若い選手がチャンス得た中で戦った。札幌は良い時間帯もあれば、バタバタしてしまった時間帯もあり、良いところと課題と両面が見えた試合だった。ただ試合全体を通して見れば札幌が勝利に値するゲームができた。きょうのゲームは良い部分と反省する部分と出た試合だった」

 Q.高卒新人の中島大嘉選手がデビュー戦で1ゴールの活躍。評価をお願いします。
「(中島)大嘉に関しては良いゲームをしてくれたと思っている。得点もそれ以外も何回か決定的なチャンスがあり、良いゲームをしてくれた。彼は才能のある、これからの選手。試合に出たことによって彼が自信をつけ、課題も見えたと彼自身も思うところがあるのではないか。これからもトレーニングを積む中で成長していってほしいし、レギュラー争いをしていく。力を発揮していくのではないか」

 Q.新加入選手見た感想を
「特に八(岡村大八選手)やな(柳貴博選手)大嘉(中島大嘉選手)の3選手は非常に良いプレーをしてくれた。もちろん、青木(亮太)選手に関してもまずまずのプレーを見せてくれたのではないか。キャンプを通して、札幌のやり方を学び、トレーニングを積んで、練習試合を通して学んで、チームに馴染んでくれたが、公式戦で、これまでやってきたことを出す機会だったと思う。彼らは1試合目にしては良いゲームを見せてくれたと思う。今後もっと試合を重ね、自分の良さをチームの中で出してくれると期待しています。きょうのゲームに関してはまずまず合格点をあげても良いと思います」とコメントしました。

直近のニュース