北海道ニュース UHB

「落雪」で"隣の住宅"倒壊…80代男性挟まれ救助活動続く 4月中旬並みの気温に

2021年3月5日16:06
 3月5日、北海道美唄市で隣の建物からの落雪で住宅が倒壊する事故があり、中にいた80代の男性の救助活動が行われています。

 5日午後2時15分ごろ、美唄市峰延町の住宅で「落雪で家屋が倒壊した」などと通報がありました。

 警察などによりますと、住宅の隣の建築会社の建物から落雪があり、その雪の重みで住宅が倒壊。中にいた80代の男性が挟まれ、消防などによる救助活動が行われています。

 男性は意識はあり、会話ができる状態だということです。

 5日は岩見沢市内でも商店街の空き店舗やアパートの階段などが倒壊する事故が相次いでいて、雪の重みによるものとみられています。

 5日の美唄市の最高気温は9.6℃と4月中旬並みに気温が上昇していました。引き続き落雪や建物倒壊への注意が必要です。

直近のニュース