北海道ニュース UHB

レバンガ北海道 折茂武彦 6・6引退試合を延期 “レジェンドの引退試合はコロナに打ち克ち”

2021年4月7日10:20
 プロバスケットボールBリーグ1部のレバンガ北海道は4月7日、2021年6月6日(日)北ガスアリーナ札幌46で開催予定だった、折茂武彦代表(50)の引退試合を延期すると発表しました。

 レバンガ北海道は、6月6日の開催を目指し準備をしてきましたが「新型コロナウイルスによる感染状況が変異株等の出現もあり未だ回復傾向にないこと、また、その状況により6月のスケジュールの見通しが立たず、選手としてご参加いただきたい皆さまのスケジュールが定まらないことによって参加選手を確定できかねている」などの理由から、当初発表した日程からの延期を決断したとしています。

 また「折茂武彦がコートでプレーする最後の機会となる引退試合は、コロナに打ち克ち、これまで支えてくださったブースターの皆さまをはじめとするたくさんの方々への感謝の気持ちをお伝えする場と捉えており、折茂は今年2月からトレーニングを始動し、皆さまの前で恥ずかしくない姿をお見せするために動き出しておりましたので、本人も残念な想いではありましたが、選手としてご参加いただく皆さまも、ご来場される皆さまも、関わる全ての皆さまにとって、まずは安心できる環境を整えたうえで開催するべきであると考えました」とコメントしました。

 ただ、引退試合については「必ず実現する」としており、2021‐22シーズンの終了後~2022‐23シーズン始動前のタイミングで、新型コロナウイルス感染症の感染状況を鑑みながら調整していきたいとしています。

直近のニュース