北海道ニュース UHB

"高齢者向けワクチン"第一弾到着…札幌と江別市に約500人分ずつ 札幌は13日から

2021年4月9日11:45
 65歳以上の高齢者を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種が4月12日の週から始まるのを前に9日、北海道札幌市と江別市にそれぞれ約500人分のワクチンが到着しました。

 土井 若楠 記者:「作業員2人がかりでトラックから銀色の大きな箱が下ろされています」

 午前9時過ぎ、北海道内の高齢者向けの新型コロナワクチンの第1弾が、江別市保健センターに到着しました。 
 届いたのは、アメリカ・ファイザー社製のワクチン約500人分です。 

 ワクチンは低温で保管する必要があるため、運送業者が温度の確認をしたあと、江別市に引き渡されました。 
 江別市では北海道内で最も早く、12日から接種が始まります。

 一方、札幌市にも9日ワクチンが到着しました。 

 札幌市では4月13日から高齢者施設の入所者を対象に接種を始める予定で、東区の配送センターから札幌市内5か所の施設へと配布されます。

直近のニュース