北海道ニュース UHB

日本男子カーリング北京五輪出場枠獲得は持ち越し…五輪10枠のうち6までが決まる

2021年4月9日13:00
 カナダ・カルガリーで行われているカーリング男子世界選手権は4月8日(日本時間9日)、大会7日目が終了しプレーオフ(決勝トーナメント)に進出する6チームの内、5チームまでが決まりました。

 これで今回の世界選手権で6位までに入ることで得られる2022年の北京五輪出場権6の内5、北京五輪の出場枠10の内、開催国枠で出場の中国を含めた6が固まりました。

 この日までに6位内を決めているのはスウェーデン、ロシアカーリング連盟、アメリカ、カナダ、そしてスコットランド(五輪にはイギリスとして出場)の5チームです。

 今回の世界選手権で決まる出場枠はあと1つで大会7日目が終わった時点でチャンスが残るのはノルウェー、スイス、イタリアの3か国で、残念ながら日本が6位内に入る可能性は消滅しました。

 日本は残されたスウェーデン戦に勝てば勝敗数では6位に並ぶ可能性は残っていますが日本の試合のなかった現地8日夜にスイスが韓国に勝利し7勝目を上げた時点で7勝6敗で並ぶ可能性のあるチーム間の対戦成績で上回れないことが決まりました。

 1次リーグは現地4月9日の残り1日。ノルウェーとスイスがそれぞれ1試合、イタリアは2試合が予定されていて、その結果でこの大会での残り1枠が決まります。

 可能性の残る3か国が7勝6敗で並んだ場合は、ノルウェーとスイスに勝っているイタリアが6位になりますが、ノルウェー、スイスのどちらかが8勝目を上げると仮にイタリアが勝ち続けても8勝には届かずプレーオフには進めません。ノルウェーが8勝目を上げるとスイスの6位内もなくなります。

 今回の世界選手権での北京五輪出場最後の1枠をどこが獲得するのかは1次リーグ最終日の9日(日本時間10日)まで混沌としています。6位以内がなくなった日本の順位は7位から9位の間になりますが、こちらも1次リーグ全試合が終わるまで確定しません。

 北京五輪出場枠獲得が持ち越しとなった日本が狙う残り3枠を争う世界最終予選(詳細未定)に向け、そして、五輪本番で再び世界に挑むうえでも、日本にとって今大会最後の試合となるスウェーデン戦は貴重なチャンスになるはずです。

 写真/(公社)日本カーリング協会提供

直近のニュース