北海道ニュース UHB

「これは詐欺?」"市役所ATM"操作し約40万円振り込む…60代女性年金支給日に被害

2021年4月16日10:23
 市役所介護課の職員を名乗る男から「還付金がある」などとの電話をきっかけに、60代の女性が約40万円をだまし取られる被害がありました。

 詐欺被害にあったのは、北海道釧路市に住む60代の女性です。

 4月15日午後1時40分ごろ、女性の自宅に"市役所介護課の職員"を名乗る男から電話があり「去年の10月の介護保険料の還付金がある。3万円が戻ってくる。手続きをするのでATMコーナーに行って着いたら携帯電話に連絡してください」などと話しました。

 女性が指定された釧路市役所内にある金融機関のATMに行って男に電話し、指示された通りにATMを操作したところ、他人名義の口座に約40万円が振り込まれ、女性はだまされたことに気づきました。

 女性が、市役所の消費者センターの係員に「これは被害にあったのか」などと相談し、係員が警察に通報。事件が発覚しました。

 この日は年金の支給日で、電話があってから女性が約40万円を振り込むまでの時間は1時間ほどと短く、現場のATMの周りには職員などはいなかったということです。

 警察は詐欺事件として捜査するとともに、「ATMを捜査してお金が戻ることはない」として詐欺被害への注意を呼びかけています。

直近のニュース