北海道ニュース UHB

またJRタワー"壁の一部"落下…高さ5.6メートルから 前年9月にも 落下原因調査へ

2021年4月16日11:47
 4月15日、北海道札幌市中央区のJRタワーの外壁から、"飾り石"が落下しているのが見つかりました。

 けが人はいませんでしたが、2020年9月にも石が落下していて原因を調べています。

 壁の一部が落下したのは、JRタワー駐車場棟東側の壁面の一部です。

 JRタワーを管理する札幌駅総合開発によりますと、4月15日午前11時ごろ、ホテルの従業員から「落下物がある」と連絡があり確認したところ、5.6メートルの高さから飾り石の一部が敷地内に落下しているのが見つかりました。

 落ちた石は縦3.5センチ、横8センチ、厚さは3センチで、重さは約210グラムありました。
 
 この落下によるけが人はいませんでした。

 JRタワーは2003年の完成から18年が経過していますが、2020年9月にも外壁から飾り石が落下したばかりでした。

 札幌駅総合開発では落下の原因を調べています。

直近のニュース