北海道ニュース UHB

札幌市3人死亡 86人感染…「変異株疑い」34人増 "外出・往来自粛"延長初日

2021年4月17日14:59
 札幌市は4月17日、新たに新型コロナウイルスの患者3人が死亡し、86人の感染が確認されたと発表しました。

 亡くなったのは70代女性、90代男性、100歳代男性の計3人です。

 感染者は非公表含む10代から90代の86人。3日連続で70人を上回りました。

 「変異ウイルスの疑い」が新たに34人確認され、そのうち12人の感染経路が不明です。

 これで北海道内で「感染」201人、「疑い」561人、このうち札幌市内では「感染」103人、「疑い」516人となりました。北海道内で感染者と疑いを含めると計762人となっています。


 これまでのクラスターが拡大しています。
●200例目 通信販売事業会社
 新たに従業員1人の感染が確認され、この関連の感染者は計12人になりました。

●201例目 医療機関
 新たに患者1人の感染が確認され、この関連の感染者は計18人になりました。

●202例目 札幌北辰病院(厚別区)
 新たに患者19人の感染が確認され、この関連の感染者は計54人になりました。


 ススキノの接待を伴う飲食店、いわゆる"夜の街"関連は2店舗2人増え、214店舗、735人になりました。

 86人中、40人の感染経路が不明で、重症者は前日と変わらず、19人です。

 救急隊員の感染も確認されています。
●札幌市南消防署
 50代男性救急隊員の感染が確認されました。業務中の濃厚接触者はいないとしています。


 政府は大阪府、兵庫県、宮城県に加え、東京都、京都府、沖縄県を追加し6都府県を「まん延防止等重点措置」の対象地域として指定。これに16日埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県の4県も新たに追加し、計10都府県になりました。

 北海道は、「まん延防止等重点措置」の対象地域との不要不急の往来自粛を要請するとともに、感染の拡大傾向が続く札幌市を北海道独自の警戒ステージ「4」相当とし、感染リスクが回避できない場合、札幌市に「不要不急の外出自粛・他地域との往来自粛」を要請。当初の4月16日までだった期間を、5月14日まで延長しています。

【3月20日以降の北海道の新規感染者数(札幌市分)】
3月20日: 50(28)
3月21日: 60(39)
3月22日: 50(41)
3月23日: 42(32)
3月24日: 81(54)
3月25日: 67(46)
3月26日: 69(53)
3月27日: 62(41)
3月28日: 74(58)
3月29日: 45(33)
3月30日: 56(33)
3月31日: 76(43)
4月 1日: 57(39)
4月 2日: 57(39)
4月 3日: 65(44)
4月 4日: 52(31)
4月 5日: 70(46)
4月 6日: 63(42)
4月 7日: 71(47)
4月 8日: 79(51)
4月 9日: 83(56)
4月10日:116(93)
4月11日: 69(39)
4月12日: 58(47)
4月13日: 60(44)
4月14日: 77(59)
4月15日:101(79)
4月16日: 98(72)

直近のニュース