北海道ニュース UHB

未来の名馬目指して約180頭が関門に挑戦 ばんえい競馬能力検査始まる

2021年4月18日12:45
 2021年4月23日開幕のばんえい競馬開幕に先立ち、ばん馬の能力検査が4月18日から始まりました。

 能力検査はデビュー前のばん馬を対象に行われるもので、帯広競馬場では4月18日は2歳馬を中心に、約180頭が挑みました。

 検査はレースと同じ様に騎手が乗ったソリを引き、2か所の障害が設けられた200メートルのコースを走ります。

 タイムや調教の状態がチェックされ、合格すると競走馬としてデビューを果たします。

 2021年度のばんえい競馬は4月23日から2022年3月までで、149日間行われます。

 2020年度は、新型コロナ対策に伴う巣ごもり需要の拡大などでインターネット販売が好調で、馬券発売額は帯広市の単独開催となって以降、過去最高となっています。

直近のニュース