北海道ニュース UHB

選挙戦折り返し "コロナ・政治と金・子育て…"候補者6人雨の論戦 北海道2区補欠選挙

2021年4月19日18:55
 4月25日に投票日を迎える北海道札幌市北区と東区の「衆議院北海道2区補欠選挙」。

 届け出順に小林悟候補、松木謙公候補、鶴羽佳子候補、長友隆典候補、山崎泉候補、斉藤忠行候補の6人が立候補しています。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、外出自粛要請が出される中、雨の週末に各候補者は何を訴えたのでしょうか。

 松木 謙公 候補(62):「1月から始めているから慣れた」

 これまでの選挙と同じく自転車で街頭を回る立憲民主党の松木謙公候補。訴えるのは新型コロナ対策です。

 松木 謙公 候補(62):「徹底的にまずコロナを抑え込む。10万円の定額給付金をもう一度配るべき」

 松木候補のもとには週末、相次いで党首クラスの応援が。

 れいわ新選組 山本 太郎 代表:「圧倒的得票でみなさんの民意を示していただきたい」

 勢力が結集する野党統一候補に対し、与党側は…。

 山崎 泉 候補(48):「企業献金、団体献金を一切受け取らず、正々堂々と国政の場で働いて参ります」

 日本維新の会、山崎泉候補が訴えるのは補選のきっかけとなった「政治と金」の問題。自民党関係者の応援も受け、「まっとうな政治」を訴えます。

 自民党北海道6区支部 東 国幹 支部長:「自民党は反省の一歩からスタートしていかなければなりません。信念のもと、力強く(山崎候補の)推薦を申し上げたい」

 自民党の擁立見送りで「保守」が割れています。無所属の鶴羽佳子候補も自民党とのパイプをアピール。

 自民党 政調会長代理 馳 浩 衆院議員:「(清掃活動は)自分たちでこの街を守っていくという気持ちを自覚する」

 自民党の元文部科学相、馳浩衆院議員とともに地域への貢献、そして、子育て支援の拡充を訴えました。

 鶴羽 佳子 候補(53):「(子どもを)産んだばかりの母親の支援が足りていない」

 もう1人、自民党国会議員からの激励ポスターをもらい「保守票」の取り込みを狙うのは、無所属の長友隆典候補。丘珠空港の滑走路延長を掲げ経済重視を強調します。

 長友 隆典 候補(52):「感染予防は絶対にやるけれども、経済も必ず回していく」

 また、NHK受信料を支払わない方法を教える党の斉藤忠行候補は2区内で選挙活動はせず、いちご狩りの様子をSNSに。

 斉藤 忠行 候補(29):「最終目的はNHKのスクランブル化。これだけを訴えてやっているんです」

 一方で、新型コロナ対策強化を訴えるため、補選に出馬した医師の小林悟候補。いま気になるのは、有権者の関心の低さです。

 小林 悟 候補(56):「投票率が下がりそうなので、投票に行きましょう」

 北海道2区補欠選挙の投票日は4月25日で即日開票されます。

直近のニュース