北海道ニュース UHB

【北海道の天気 4/20(火)】精度抜群“サクラ開花500度の法則”! 札幌あと11.3度で達成!?

2021年4月20日18:40
(菅井貴子気象予報士が解説) 午後6時30分現在

◆サクラ開花500度の法則
札幌の気象台が観測するサクラの標本木は、
3月1日から毎日の最高気温を足して500度になると開花することが
過去の統計上わかっています。
今春は、20日現在で488.7度ですので、あと11.3度で500度に達します。
21日の札幌の予想最高気温は11度ですので、ギリギリ足りないかもしれません。
法則に基づくと22日に500度を超えます。法則の精度も含めて開花発表に注目です。

◆21日の天気
午前中は広い範囲で晴れるでしょう。
午後は、道北やオホーツク海側で天気が崩れそうです。
降り始めは雨ですが、夜は雪に変わり、峠や山間部は積雪状態となりそうです。

◆21日の気温
前日に比べて、5℃以上も低くなるでしょう。
20日は網走で21℃を超えましたが、21日は最高気温でも9℃です。
夕方以降は、さらに気温が下がるでしょう。
全道的に風が強いため、体感温度も低くなりそうです。

◆週間予報
22日(木)早朝は、オホーツク海側の平地でも、うっすらと雪が積もりそうです。
23日(金)日中は、暖かさが戻るでしょう。
サクラ前線も進みそうです。
週末は、気圧の谷が通過するため、天気が崩れ、
特に、25日(日)は寒気が入り、道北を中心に雪の降る所があるでしょう。
来週にかけて寒暖差が大きくなりそうです。

直近のニュース