北海道ニュース UHB

札幌市 "過去最多"244人感染 5人死亡 変異株疑い76人 大型連休中も感染拡大止まらず

2021年5月2日16:40
 札幌市は5月2日、市内で新型コロナウイルスに感染した5人が死亡、新たに244人が感染、2人が再陽性となったと発表しました。

 1日あたりの新規感染者244人は過去最も多い人数です。これまでの過去最多は2020年11月19日の196人で、約5か月ぶりの更新、初めて200人を上回りました。

 死亡したのは、いずれも札幌市内に住む50代男性、60代男性、70代男性、80代男性、80代女性の計5人です。

 感染が確認されたのは再陽性を含め10歳未満~90代の男女など246人で、このうち108人の感染経路がわかっていません。

 変異ウイルスに感染した疑いのある患者は、新たに76人確認されました。うち20人の感染経路が不明です。これで札幌市の変異ウイルスの「感染」と「感染疑い」の合計は1577人となりました。

 新たな集団感染が2件確認されています。

 市内の介護老人保健施設では、30~90代の利用者3人と従業員3人の計6人が感染。市内224例目のクラスターと認定されました。

 市内の医療機関では、20~60代の職員5人が感染。市内225例目のクラスターとなりました。

 既存のクラスターでも感染者の増加が続いています。

▼197例目 医療機関
 職員1人が感染 計114人に

▼202例目 札幌北辰病院
 患者1人が感染 計70人に

▼208例目 医療機関
 患者1人が感染 計16人に

▼210例目 医療機関
 患者4人が感染 計18人に

▼215例目 幼稚園
 園児1人が感染 計20人に

▼220例目 コールセンター
 従業員1人が感染 計7人に

▼221例目 伏古北小学校
 児童3人が感染 計15人に

▼222例目 有料老人ホーム
 入居者1人が感染 計8人に

 ススキノのいわゆる"夜の街"関連では4店舗15人増えて計231店舗817人となりました。

 札幌市の秋元市長は、道に対し「まん延防止等重点措置」の適用について国との協議を加速するよう要請する考えを示し、3日にも鈴木知事と会談したいとしました。

 また札幌市は緊急的な措置として以下ような対策を発表しました。

 ▼市立札幌病院で20床増床。他の病院の協力含めて計40床程度の増床へ。

 ▼市立札幌病院では産科、小児科、精神科除いて新規患者の受け入れを休止。

 ▼救急車内での長時間待機を避けるため、入院待機ステーション(仮)の設置。

 ▼市有施設については原則2日より休館

 ▼時計台など市有施設のライトアップ中止

 ▼民間事業者にも観光施設、繁華街の消灯等を協力要請


【4月10日以降の北海道の新規感染者数(札幌市分)】
4月10日:116(93)
4月11日: 69(39)
4月12日: 58(47)
4月13日: 60(44)
4月14日: 77(59)
4月15日:101(79)
4月16日: 98(72)
4月17日:109(86)
4月18日: 98(77)
4月19日: 78(75)
4月20日:106(78)
4月21日:124(99)
4月22日:153(126)
4月23日:158(118)
4月24日:160(110)
4月25日:109(80)
4月26日:139(98)
4月27日:121(75)
4月28日:217(168)
4月29日:232(171)
4月30日:186(139)
5月 1日:180(131)
5月 2日:324(244)

直近のニュース