北海道ニュース UHB

6人死亡 "過去最多"324人感染北海道…約5か月ぶり300人超 計4つのクラスター

2021年5月2日18:55
 北海道は5月2日、新たに新型コロナウイルスへの感染が確認された324人(他再陽性2人)中、北海道発表分47人の詳細を発表しました。

 2日は6人が死亡(札幌市発表分5人、旭川市1人)、感染者は札幌市で244人(他再陽性2人)、旭川市19人、函館市10人、小樽市4人が確認され、あわせて324人。2020年11月20日の309人を更新し、約5か月ぶりに過去最多となりました。

 北海道発表分として、新たなクラスターは確認されていません。

【5月2日北海道発表分の感染者情報】
▼空知地方:4人

▼石狩地方:15人

●江別市:5人

●石狩市:1人

●千歳市:3人

●恵庭市:6人

●北広島市:1人

▼胆振地方:5人

●安平町:2人

▼渡島地方:3人

●釧路市:1人

●中標津町:1人


 2日は新たなクラスターが札幌の「介護老人保健施設」と「医療機関」、旭川市の「施設」と「病院」で確認され、北海道内で計4つです。

 2日北海道内では、「変異ウイルスの疑い」が札幌で76人、北海道発表分2人、旭川市5人、小樽市3人の計86人確認されました。

 北海道内では、これで「感染」計253人。「変異ウイルスの疑い」は計1724人となり、感染者と「疑い」の合計は1977人となり、1900人を超えました。

 324人中、135人の感染経路が不明で、重症者は前日と変わらず23人。札幌市は前日と変わらず19人です。

 北海道は人口10万人あたりの1週間の新規感染者数が「15人」を23日に超えたため、国へ"まん延防止等重点措置"の要請を検討しています。

 さらにゴールデンウィークの特別対策として、4月24日から「外出・往来自粛」要請、学校の部活動休止、公共施設を一部休止とし、27日からは札幌市のすべての飲食店・カラオケ店などへの「時短営業」を5月11日まで要請しています。


 札幌市の秋元市長は2日、北海道に「まん延防止等重点措置」の適用に向け国との協議を加速するよう要請する考えを示し、3日にも鈴木知事と会談したいとしました。

 また札幌市は緊急的な措置として以下の対策を発表しました。

 ▼市立札幌病院で20床増床。他の病院の協力含めて計40床程度の増床へ

 ▼市立札幌病院では産科、小児科、精神科除いて新規患者の受け入れを休止

 ▼救急車内での長時間待機を避けるため、入院待機ステーション(仮)の設置

 ▼図書館や体育館、区民センターなど市有施設を原則2日より順次休館

 ▼時計台など市有施設のライトアップ中止

 ▼民間事業者にも観光施設、繁華街の消灯等を協力要請

 北海道内の感染者は、計24607人となりました。

直近のニュース