北海道ニュース UHB

地下鉄の「終電」繰り上げ検討へ…126人感染札幌市 "まん延防止"適用で生活へ影響も

2021年5月5日20:20
 北海道に加え札幌市も5月5日対策本部会議を開き、「まん延防止等重点措置」の適用に向けて秋元市長が終電の繰り上げなど対策を指示しました。

 秋元 克広 札幌市長:「大変危機的な状況。札幌市医療非常事態宣言を発出した。不要不急の外出、市外との往来を控えるようお願いします」

 札幌市は5月5日対策本部会議を開き、まん延防止等重点措置適用後の対策を協議しました。

 市民の生活に影響が大きい対策として市内の地下鉄など公共交通機関の平日の最終便を繰り上げし、週末・休日の運行は減便します。早ければ12日にも適用され、より厳しい感染防止対策が求められます。

 また選手やスタッフが感染し、チームでの活動を休止しているプロ野球・北海道日本ハムファイターズについて、チーム内で10人が感染するクラスターが発生したことが確認されました。

 ファイターズは4日、コーチとスタッフ合わせて3人の感染を公表していて、これまでの感染者は13人となっています。

 このほか札幌市内の「医療機関」でも患者と職員、あわせて9人が感染する新たなクラスターが確認されています。

 北海道内では5日、新型コロナウイルスの患者2人の死亡が確認されました。

 新たな感染は札幌で126人、石狩地方で17人などあわせて179人となりました。「変異ウイルスの感染疑い」の患者は札幌の36人を含む、56人が確認されています。

直近のニュース