北海道ニュース UHB

「成績良くなく焦り感じて」最終試験で"カンニング"…40代男性幹部自衛官を減給処分

2021年5月14日18:05
 自衛隊内の筆記試験で不正行為をしたとして、陸上自衛隊の40代の男性幹部自衛官が懲戒処分を受けました。

 減給1か月の30分の1の懲戒処分を受けたのは、陸上自衛隊東千歳駐屯地・第1高射特科群所属の40代の男性2等陸尉です。

 陸上自衛隊によりますと2等陸尉は2月22日に実施された幹部隊員向けの教育課程である「幹部上級過程」の中で実施された筆記試験で、カンニングペーパーを使いました。

 当時所属する隊の専門知識などが問われる過程内の最終試験中で、2等陸尉の不審な動きを巡回していた試験官が不正行為を発見しました。

 陸上自衛隊の聞き取りに2等陸尉は「過程の中で成績が良くなく、焦りを感じやってしまった」などと話しているということです。

 陸上自衛隊は5月14日付で減給処分とし、2等陸尉は処分後も勤務を継続する意向を示しているということです。

直近のニュース