北海道ニュース UHB

札幌の経営者対象に経営相談 北海道対策会議で札幌市・小樽市・旭川市などを「特定措置区域」に

2021年5月15日12:55
 札幌市の5月15日の新型コロナウイルスの新たな感染確認は350人前後となる見通しです。

 緊急事態宣言の発令を前に札幌市では、経営に不安を抱える中小企業を対象にした緊急相談会が開かれました。

 この相談会は、札幌市と札幌商工会議所が開催し、経営指導員などが経営や金融に関する相談に対応しています。

 緊急事態宣言の発令により経営へのさらなる影響が懸念されることもあり、朝から経営者が相談に訪れていました。

 政府は5月16日から31日まで北海道に「緊急事態宣言」の発令を決定しました。

 これを受け北海道は15日午後、対策本部会議を開き、札幌市と小樽市、旭川市、石狩地方を「特定措置区域」に指定します。

 札幌は16日から、それ以外は18日からの飲食店や商業施設に休業や時短営業の要請などを決定する方針です。

直近のニュース