北海道ニュース UHB

【速報】札幌市1人死亡 344人感染…5回目の300人超 「変異疑い」160人 重症者も増加続く

2021年5月15日16:07
 札幌市は5月15日、新たに新型コロナウイルスの患者1人が死亡し、344人の感染が確認されたと発表しました。5回目の300人超えです。「変異ウイルスの疑い」が160人確認されました。

 死亡したのは70代女性です。

 感染者は非公表含む10代から90代の344人。300人を上回るのは4日連続・5回目で、8日連続での260人超えです。依然として感染拡大が続いています。

 15日は「変異ウイルスの疑い」が160人確認されました。

 新たなクラスターは確認されず、これまでのクラスターが拡大しています。
 ●236例目 サービス付き高齢者向け住宅
 新たに職員1人の感染が確認され、この関連の感染者は計7人になりました。


 ●239例目 医療機関
 新たに職員1人の感染が確認され、この関連の感染者は計21人になりました。


 ●245例目 北海道警察白石警察署
 新たに職員3人、留置人1人の感染が確認され、この関連の感染者は計13人になりました。

 ススキノの接待を伴う飲食店、いわゆる"夜の街"関連は3人確認され、251店舗、897人となりました。

 学校の感染も確認されています。
 ●札幌市立北郷小学校(白石区):児童
 ●札幌市立元町中学校(東区):生徒
 ●札幌市立西岡小学校(豊平区):50代男性教職員
 ●札幌市立資生館小学校(中央区):50代男性教職員
 ●札幌市立前田北中学校(手稲区):40代女性教職員

 児童・生徒の感染が判明し、当該児童・生徒のクラスを学級閉鎖とします。前田北中学校は、教職員の濃厚接触者を出席停止とします。

 344人中、約7割の240人の感染経路が不明で、重症者は前日から1人増え27人になりました。

 重症者は5月1日で19人でしたが、増加傾向が続いています。

 使用病床数は5月14日時点ですぐに対応できる410床中401床で、実質的に満床の厳しい医療提供体制が続いています。(確保病床は480床)

 以下のクラスターは14日付で収束したと発表しました。
 ●196例目 医療機関(31人)
 ●231例目 プロスポーツチーム(13人)
 ●235例目 食品関連会社(10人)

 政府は14日、北海道に「緊急事態宣言」の発令を決めました。期間は16日から31日までです。

 北海道は15日に対策本部会議を開き、北海道全域へ外出自粛や、札幌を中心とした10市町村に酒類を提供する店の休業要請など具体的な対策を決定しました。

【4月20日以降の北海道の新規感染者数(札幌市分)】
 4月20日:106(78)
 4月21日:124(99)
 4月22日:153(126)
 4月23日:158(118)
 4月24日:160(110)
 4月25日:109(80)
 4月26日:139(98)
 4月27日:121(75)
 4月28日:217(168)
 4月29日:232(171)
 4月30日:186(139)
 5月 1日:180(131)
 5月 2日:324(244)
 5月 3日:114(88)
 5月 4日:233(201)
 5月 5日:179(126)国に「まん延防止等重点措置」要請
 5月 6日:320(251)
 5月 7日:248(154)政府「まん延防止等重点措置」適用決定
 5月 8日:403(277)初の400人台
 5月 9日:505(326)「まん延防止等重点措置」適用初日 初の500人台
 5月10日:409(266)
 5月11日:420(279)
 5月12日:529(352)酒類の提供「終日自粛要請」開始 2度目の500人台
 5月13日:712(499)初の700人台 ともに過去最多更新
 5月14日:593(346)「緊急事態宣言」発令決定、過去2番目

直近のニュース