北海道ニュース UHB

「酌むべき事情ない悪質な犯行」会社経営者殺人事件…懲役22年実刑判決 37歳男は"控訴"する方針

2021年6月21日20:05
 北海道札幌市北区で会社経営の男性を殺害したとして、殺人罪に問われている男に6月21日、札幌地裁は懲役22年の実刑判決を言い渡しました。

 不動産会社に勤務していた村井健被告(37)は2019年10月、札幌市北区の会社経営の阿部芳彦さん(当時76)を殺害し、賃貸料などを着服したとして、殺人と業務上横領の罪に問われています。 

 これまでの裁判で村井被告は殺人については無罪を主張していました。

 札幌地裁で開かれた判決公判で中川正隆裁判長は「死亡推定時刻に被害者宅にいたのは被告しかいない」とした上で、「抵抗できない状態で強く首を絞め、酌むべき事情はない悪質な犯行」だとして村井被告に懲役22年(求刑23年)を言い渡しました。

 村井被告は控訴する方針です。

直近のニュース