北海道ニュース UHB

「核のごみの町にしてはならない」"文献調査"反対の町議が出馬表明 20年ぶり町長選挙へ 北海道寿都町

2021年6月24日07:10
 いわゆる"核のごみ"の最終処分場選定に向け文献調査が行われている北海道後志地方の寿都町で6月23日、調査に反対する越前谷町議が町長選挙への出馬を表明しました。

 2021年10月の寿都町長選挙に、出馬の意向を表明したのは寿都町議員の越前谷由樹氏です。

 越前谷氏は2020年11月から行われている核のごみの文献調査の撤回を公約に掲げています。

 越前谷 由樹 氏:「核のごみ受け入れに反対であること。寿都を核のごみの町にしてはならない。(文献)調査を撤回することを国に申し入れたい」

 文献調査の応募を決めた寿都町の片岡春雄町長は立候補の意向を示していて選挙戦となれば町では20年ぶりとなります。

直近のニュース