北海道ニュース UHB

「五輪で感染拡大の懸念と拝察」"陛下"の受け止め宮内庁長官発言…開催地札幌市 是非めぐり揺れる市民も

2021年6月24日18:43
 宮内庁長官は定例の会見で、コロナ禍での東京オリンピックをめぐる天皇陛下の受け止めについて、「国民の間に不安の声がある中で、開催が感染拡大につながるのではないかと懸念されていると拝察している」と述べました。

 オリンピック開催をめぐる発言をどう受け止めるのか。開催地の一つでもある札幌市で聞きました。

 20代:「天皇陛下が心配しているなら(五輪は)やらない方がいい。今までも開催しない方がいいと思っていた。後悔する人が増える」

 60代:「言うならもっと早くてもいい。今言ったからといってどのように皆さんが思うのか」

 60代:「今さらオリンピックがどうこうなるわけじゃない。そのご発言はちょっと言うべきじゃない」

 60代:「天皇陛下の気持ちを受け止めて、感染防止に努めて無観客でもいいから無事に大会を終わることがベターじゃないか」

 東京五輪をめぐり札幌市ではサッカー、マラソン、競歩の競技が予定されていて、札幌ドームで行われるサッカーは観客を入れての開催方針が示されています。

直近のニュース