北海道ニュース UHB

【陸上】小樽出身 小池祐貴 史上最も速い100メートル決勝へ テーマは「周りを気にしない」

2021年6月25日12:00
 東京五輪選考会を兼ねた陸上の日本選手権は6月24日、男子100メートル準決勝が行われ、北海道小樽市出身の小池祐貴選手(住友電工・立命館慶祥高)は10秒30の3組2着で突破。決勝進出を決めました。

 小池選手は「予選から準決勝にかけてしっかり修正して走れた。決勝はもっとできるかなという手応えはありました」とコメント。修正点を問われると「スタートの音が鳴ると焦る傾向が今年あった。最近20メートル、30メートルあたりの踏みが悪かったので、自分の感覚に集中して、準決勝は一歩一歩確認しながら走った」と応えました。

 準決勝は高校時代からのライバルでもある桐生祥秀選手(日本生命)ケンブリッジ飛鳥選手(ナイキ)らと走りました。後半、桐生選手と競っていただけにその意識が走りに影響を与えたようです。

 「(後半の20メートルくらい抜けそうだなと思って)リズムを崩してしまった。視界に入ってちょっと欲張りが出た感じでした。後半欲張って、接地のリズムが良くなかった。明日はより冷静に走れば後半伸びるかなという感触です」と振り返りました。

 男子100メートル決勝、持ちタイムはー

9秒95 山縣亮太
9秒97 サニブラウン・アブデルハキーム
9秒98 小池祐貴
9秒98 桐生祥秀

 9秒台選手4人もひしめく史上最速、最もハイレベルな日本選手権決勝となります。小池選手は3位以内に入れば東京五輪内定を得ることができます。
 
 「周りを気にしないことですかね。おそらく外のレーンになると思うので(8レーンに決定)内側がどういうレースをしようが気にしないで、自分が一番100メートルという距離を一番速く走れると、走りに集中できれば良い結果が付いてくるのではないか。まっすぐ前を見ることだけですね。視界をもっと狭めて、もっと前を見ようという感じです」

【小池祐貴(こいけ ゆうき)選手プロフィール】
 1995年5月13日 北海道小樽市出身
 立命館慶祥高校~慶応大学~ANA~住友電工
 2018年アジア大会男子200メートル金
 2019年ダイヤモンドリーグロンドン大会で9秒98をマーク

直近のニュース