北海道ニュース UHB

【バレーボール】東京五輪日本代表 江別出身山本智大選手「プレーで恩返し」

2021年6月28日16:30
 東京五輪男子バレーボール日本代表に選出された、北海道江別市出身の山本智大選手(26歳・堺ブレイザーズ)が6月28日オンライン会見に臨みました。

 バレーボール日本代表で唯一の道産子選手である山本選手は、「小学校1年生の頃から江別市でバレーボールを始めてそこから高校3年生まで育てあげてくれた親を含め、北海道民の方々には感謝の気持ちでいっぱい。プレーで恩返しをできるようにしっかり結果を求めて頑張っていきたい」と地元への思いを口にしました。

 中学時代リベロ転向を勧めた指導者の父・忠文さんとこの会見の前日に電話で話したといい「(日本代表選出)おめでとう。オリンピックに出場できることは当たり前じゃない、感謝の気持ちを持って楽しんで頑張ってくれ」さらに、とわの森三愛高校時代の恩師山田和弘前監督・現コーチからは、代表決定後連絡が入ったといい「一番競争が激しいポジション、(リベロは)一人という枠で出場が難しい中よく勝ち取りました。一生に一度かもしれないのでしっかり自分の力を発揮できるように頑張ってください」とエールを受けたことを笑顔で明かしました。

 オリンピック出場に関しては「小学生の頃のイメージだと夢のまた夢。2年前に初めて代表に入り、ちょっとずつ自分の力を発揮できて、東京オリンピックに出たいという思いに変わった」「リベロの枠は一人ということでケガもできない、しっかり自覚と責任を持って精いっぱいプレーしたい」と決意を新たにしました。

【男子日本代表・龍神NIPPON 競技日程】
7月24日(土)~8月7日(土) 有明アリーナ(東京)

直近のニュース