北海道ニュース UHB

ヴォレアス北海道 “18番” 後藤万澄(ますみ)がマウンドへ「夢にまで見たプロ野球の舞台」

2021年7月2日18:00
 北海道日本ハムファイターズは7月2日、旭川スタルヒン球場で開催する「道新・道スポプレゼンツ」埼玉西武ライオンズ戦(7月6日)で、北海道の旭川地域に拠点を置くヴォレアス北海道(V.LEAGUE DIVISION2 MEN=バレーボールVリーグ男子2部)のミドルブロッカー後藤万澄選手(25)が始球式のピッチャーを務めると発表しました。

 後藤選手は山形・米沢中央高で硬式野球部に所属し、ポジションは投手。高校3年夏の県大会終了後にバレーボールに転向した異色の経歴の持ち主です。ファイターズの石川直也投手(山形中央高出)とは同学年となります。

 ◆後藤 万澄(ごとう・ますみ)選手
生年月日:1996年4月11日 身長/体重:193cm/75kg 出身地:山形県山形市 略歴 :米沢中央高校~仙台大学~大同特殊鋼レッドスター~ヴォレアス北海道(2020~)

 ◆後藤 万澄 選手コメント
「ヴォレアス北海道の18番・後藤万澄です。夢にまで見たプロ野球の舞台に立たせていただくということで非常にワクワクしています。高校以来のマウンドで緊張しますが、ストライクをバシッと決められるように頑張ります!」

 ◆7/7(水)始球式
2021年4月、道北で初めて誕生した女子中学生向け野球クラブチーム「DIANA(ディアナ)女子野球倶楽部」の松岡桜子さんが登板予定。

直近のニュース