北海道ニュース UHB

【速報】北海道 1人死亡 283人感染 3日連続250人超…緊急事態解除後の"最多"を更新

2021年7月31日15:15
 北海道内で7月31日、新たに新型コロナウイルスの感染者が283人(他再陽性1人)確認されました。200人を超えるのは4日連続で、28日連続で前週の同じ曜日を上回りました。7月では最多の数となりました。

 札幌市で70代男性の死亡が確認されました。

 感染者は札幌市202人(他再陽性1人)、北海道発表分60人、旭川市10人、函館市8人、小樽市3人です。

 札幌市は4日連続で3ケタに達しています。

 北海道全体で1週間前の土曜日118人から165人増加し、2倍以上となりました。「まん延防止等重点措置」の解除から20日目。28日続けて前週を上回り、7月に入って100人を超えるのは13回目。増加傾向が続いています。

 北海道は12日から8月22日までを「夏の再拡大防止特別対策」期間とし、7月22日から「感染リスクが回避できない場合」という条件を外し、札幌市の「外出自粛」や「札幌市との往来自粛」、札幌市の飲食店での「時短要請」継続、公共施設の原則休館など独自の対策に取り組んでいます。

 22日から札幌市は子どもの成長や教育に資する円山動物園や図書館などを除き、公共施設を閉館しています。

 政府の基本的対処方針では、まん延防止措置の地域でも緊急事態宣言と同様飲食店の「酒類の提供自粛」を求める内容に変更されていて、北海道も札幌市に対し同様の措置を要請する方向です。31日の対策本部会議で、対策を決定します。

 北海道内の感染者は、計44314人となりました。

直近のニュース