北海道ニュース UHB

札幌市“緊急事態”同様の強い措置…「まん延防止等重点措置」8月2日~31日 対策決定

2021年7月31日18:30
 北海道は8月2日からの「まん延防止等重点措置」の対象を札幌市とし、酒類の提供自粛など、緊急事態宣言並みの強い対策を決定しました。

 鈴木 直道 北海道知事:「感染拡大の中心となっている札幌市に緊急事態措置と同様の強い措置を講じ、札幌市内の感染拡大、そして全道での爆発的な感染拡大を防ぐ」

 北海道は7月31日の対策本部会議で、8月2日から31日までのまん延防止等重点措置の対策を決定しました。

 対象は札幌市で、不要不急の外出・移動の自粛を求めます。

 札幌市内の飲食店には営業時間を午後8時まで、酒類の提供は終日自粛を求めます。

 さらに生活必需品を除き、百貨店やショッピングセンターなどは午後8時までの営業となります。

 イベントの開催は5000人を上限に午後9時までとし、酒類の提供は行わないように求めます。

 鈴木 直道 北海道知事:「前回の波を超えるような感染拡大の可能性がある。徹底的な感染防止対策に全庁をあげて取り組むように指示する」

 また、札幌市も対策本部会議を開き、地下鉄で約30分、市電で約20分、終電の繰り上げを決めました。

 札幌市立の学校の修学旅行は見合わせます。

 札幌市有施設は、札幌市民の健康維持や子どもの教育上、必要な施設を除き、原則休館とします。

 一方、北海道内では7月31日、新型コロナウイルスで1人の死亡と、新たに札幌市の202人を含む、あわせて283人の感染が確認されました。

直近のニュース