北海道ニュース UHB

【ヴォレアス北海道】197センチ関根ヒカル入団 “ブロックの上から打つスパイク”が持ち味

2021年8月17日15:00
 バレーボール、Vリーグ2部(V2)のヴォレアス北海道は8月17日、関根ヒカル選手(21)の入団発表記者会見を行いました。

 関根選手は埼玉県桶川市出身の21歳。ポジションはオポジットです。埼玉栄高校から日本大学に進学し、3年生だった2020年、早期にプロで戦うことを決意し退学。2021年ヴォレアスの入団テストを受け合格しました。

 ヴォレアスを選んだ理由を聞かれた関根選手は「越川優選手や渡辺俊介選手のプレーを間近で見てみたかった」と話し、全日本で活躍した経験を持つ両選手とのプレーを熱望しました。また、持ち味を聞かれると「身長がある分(197センチ)高さがあるのでブロックの上からスパイクを打ったり、高さのあるブロックが持ち味です」と応えました。197センチという身長については「幼稚園から大学まで(背の順では)ずっと一番後ろだった。中学2年生で180センチに、中学3年生で190センチに到達した」と“長身エピソード”も明かしました。

 会見に同席したエド・クラインヘッドコーチは「学んで成長したいと考えている選手を獲得できてうれしい。昨シーズンまで古田史郎選手、張育陞選手という2人のオポジットがいたが、(古田選手が退団し)張選手に続く日本人のオポジットを探していた。身長197センチとフィジカルで秀でている関根選手は“私たちが探していた選手”とリンクした。ブロックの上から打ち抜く高さを持っているし、ブロッカーとしても素質がある。アウトサイドヒッターとしても成長していって欲しい。シーズン中にオポジットかアウトサイドヒッターかを考えていきたい」と語りました。

 7月上旬に北海道に転居し、既に16日からボールを使った全体練習にも参加したという関根選手。2021-22シーズンV2優勝、V1昇格を目指すヴォレアスに、また1人“ヒカル”逸材が加わりました。

 ◆関根ヒカル選手 プロフィール
ポジション:オポジット 身長:197cm 誕生日:1999年10月31日(21歳) 出身地:埼玉県桶川市 略歴:埼玉栄高校 バレーボールを始めたきっかけ:小学5年生までバスケットボールをやっていたが、母と姉がバレーボールをやっていた関係でバレーボールを始めた。母親の美和さんは春の高校バレー全国大会に出場した経験を持つ。

直近のニュース