北海道ニュース UHB

『8月17日から行方不明』か 北方領土・国後島から泳いで"亡命"のロシア人男性 北海道・標津町

2021年8月22日13:10
 北海道東部の標津町で「国後島から泳いできた」と話すロシア人男性が見つかった問題で、地元メディアによりますと男性は現地で8月17日から行方不明になっていたことが分かりました。

 ロシア人男性は8月19日、標津町内で北海道警察に保護されました。

 男性は「亡命のため、国後島から泳いできた」などと話していて、札幌出入国在留管理局が詳しい経緯を調べています。

 地元メディアによりますと男性は3年前にロシア中部のウラル地方から国後島に移住し、箱などを運ぶアルバイトをしていたということです。

 男性は現地で8月17日から、行方が分からなくなっていたということで、入管当局では男性から入国した経緯など、詳しい事情を聴き、今後の処遇を判断することにしています。

直近のニュース