北海道ニュース UHB

"北方領土返還"のシンボルに「奪還」…白いスプレーで落書き 防犯カメラ設置も検討へ 北海道根室市

2021年9月13日19:15
 9月13日午前、北海道根室市で北方領土返還をアピールするモニュメントに落書きされているのが見つかりました。

 落書きが見つかったのは根室市納沙布にある、北方領土返還をアピールするモニュメント「四島のかけ橋」です。

 午前7時30分ごろ、白いスプレーで「奪還」と書かれているのを近くに住む男性が発見しました。モニュメント本体には縦2メートル60センチ、横1メートル10センチの大きさで書かれていました。

 また、返還運動の火を絶やさないという願いを込めた「祈りの火」を灯す台座にも書かれていました。

 根室市北方領土対策課 荒井 徹さん:「こういういたずらがないように防犯カメラの設置などの対策を検討する」

 根室市によりますとモニュメントは、ねばり強く返還運動を続ける決意を象徴するため1981年に設置されました。 

 警察は器物損壊事件として調べています。

直近のニュース