北海道ニュース UHB

【カーリング】ロコ・ソラーレ涙の大逆転で北京五輪世界最終予選へ…日本代表決定戦は最終第5戦で決着

2021年9月13日17:00
 カーリングの女子日本代表決定戦は9月12日、稚内市みどりスポーツパークで最終の第5戦が行われ2連敗から巻き返したロコ・ソラーレが北海道銀行を8対6で下し12月の北京五輪世界最終予選の出場権をつかみました。

 先に3勝した方が日本代表となる決戦は北海道銀行が2連勝。2連敗スタートのロコ・ソラーレは崖っぷちから2連勝と盛り返し、ともに2勝2敗で最終第5戦にもつれこみました。

 5戦連続で後攻スタートのロコ・ソラーレは第1エンド、スキップ藤澤五月選手(30)がラストストーンを正確にハウスの中心近くに止め、幸先よく2点を先制します。

 押され気味の北海道銀行は3点を追う第4エンド。有利な後攻ながらハウスの中に相手の黄色いストーンを集められ大量失点の形をつくられます。このピンチに北海道銀行のサード小野寺佳歩選手(29)がスーパーショットを披露。手前の石を飛ばして中の石も一気に3つ弾き出すトリプルテイクアウト。

 ピンチをチャンスに転じた北海道銀行でしたが、その後スキップ吉村紗也香選手(29)がハウスを通り越してしまう痛恨のミス、このエンドは1点止まりとなります。

 更にロコ・ソラーレは1点リードで迎えた第7エンド。後攻で2点を狙いにいった藤澤選手は最後の一投をストーンが密集するハウスの中心近くに運びます。

 1点は確実でしたがナンバー2は微妙な状況、ここで今大会2度目のメジャーでの測定となりました。初戦は北海道銀行を救ったメジャー測定でしたが、この日は黄色のロコ・ソラーレが近いと判定、このエンド2点を奪います。崖っぷちから逆王手をかけたロコ・ソラーレが終始リードし、その差を広げます。

 それでも北海道銀行も粘りをみせ1点差に詰め寄ると、勝敗の行方は最終エンド、両スキップの最終ショットにかかります。

 まずは北海道銀行吉村選手が不利な先攻ながらハウスの中心近くに2つストーンを残しプレッシャーをかけます。

 外せば五輪消滅。ハウス中央付近に決めることが出来れば日本代表をとりもどせる藤澤五月選手運命のラストショット。その行方はー。

 「最後ドローで決めるトレーニングを重ねていた」という藤澤選手の勝負の一投はハウス中央に止まり激戦に決着。ロコ・ソラーレが2連敗から3連勝と見事な大逆転で北京五輪最終予選への切符をつかみました。

 敗れた北海道銀行の吉村選手はー
 「本当に1試合1試合楽しくできたと思います。最後負けてしまって本当に悔しいです」。

 一方ロコ・ソラーレの藤澤選手はー
 「この最後の試合、絶対決めたいと思って投げられて決めて勝てたのが一番うれしかった。他のチームの思いを全部乗っけて次の大会にしっかり臨んで行きたい」。

 代表に決まったロコ・ソラーレが臨む世界最終予選は12月にオランダで行われます。
 
第5戦結果
北海道銀行  01010 20200 | 6
ロコ・ソラーレ20201 02001 | 8

直近のニュース