北海道ニュース UHB

【速報】札幌市50人超見通し…11日連続2ケタ「緊急事態」延長4日目 23日連続で前週の同曜日下回る

2021年9月16日08:49
 札幌市で9月16日、新型コロナウイルスの新たな感染者が50人を超える見通しであることがわかりました。

 100人を下回るのは11日連続で、前週の84人を下回る見通しです。23日連続で前週の同じ曜日以下になりそうです。8月27日から3度目となる「緊急事態宣言」が発令され21日目で延長4日目。感染者は減少傾向が続いています。

 人口10万人あたりの1週間の新規感染者数は9月15日は「22.6人」で、「緊急事態宣言」の目安となる「25人」を3日連続で下回りました。

 4日連続で25人を下回ることになります。

 札幌市では9月15日は、新たなクラスターが「人材サービス事業所」で確認されました。

 クラスターとは別に、市内4つの小・中学校で学級閉鎖となり、学校での感染確認が続いています。

 札幌市の使用病床数は9月14日時点ですぐに対応できる566床中237床、約42%で、病院以外の宿泊施設や自宅で療養・待機している人は9月15日時点で468人と、前日より44人減り1000人を7日連続で下回りました。

 北海道全体の感染者数は、9月15日は3日ぶりに100人を超えましたが、22日連続で前週の同じ曜日を下回りました。死者は1人確認されています。

 緊急事態宣言は当初12日までの予定で、発令前の7日間の1日あたりの感染者数は札幌市で264人。北海道で487人。直近1週間は札幌市63人、北海道113人となっていて、いずれも約77~78%減少していますが、6月に緊急事態宣言が解除された6月20日の感染者は、札幌市38人、北海道52人となっていて、いまも高水準にあることがわかります。

 札幌市は9月15日から30代以上を対象とした集団接種の予約を午前9時から再開し、午後6時時点で一般接種枠は受け付けを終了しました。優先接種枠は残り約430人分です。

 政府は21都道府県に9月12日まで発令していた「緊急事態宣言」を「まん延防止等重点措置」に移行する宮城と岡山を除き、19都道府県で30日まで延長しました。

 北海道は札幌市、旭川市、小樽市、石狩地方を「特定措置区域」とし酒類を提供する飲食店へ「休業要請」、その他の地域の飲食店には「時短要請」とし、公共施設の休館、高校は午後4時で完全下校を継続。それ以外の区域での酒類の提供時間を30分緩和し、午後7時30分までとするなどの対策を決定し、協力を呼びかけています。

【8月25日以降の北海道の新規感染者数(札幌市分)】
 8月25日:568(289):旭川市過去最多83人、「緊急事態」拡大決定
 8月26日:504(285)
 8月27日:382(186):「緊急事態宣言」発令
 8月28日:457(274)
 8月29日:359(198)
 8月30日:266(134):24日ぶり300人下回る
 8月31日:305(170)
 9月 1日:351(173)
 9月 2日:314(189)
 9月 3日:251(147):1週間で2度目300人下回る
 9月 4日:224(110):前週から約半減
 9月 5日:218(142)
 9月 6日:123(78):41日ぶりに100人台、札幌市は2ケタに
 9月 7日:137(56)
 9月 8日:180(98):政府「緊急事態宣言」延長方針固める
 9月 9日:144(84):「緊急事態宣言」30日まで延長決定
 9月10日:117(51):「緊急事態」後で最少に(札幌も)
 9月11日:156(88)
 9月12日:116(58):「緊急事態」後で最少に
 9月13日: 55(46):「緊急事態」後で最少に(札幌も)
 9月14日: 91(51)
 9月15日:110(66)

直近のニュース