北海道ニュース UHB

「インディアン水車」遡上したサケの捕獲進む…水族館では"ベニザケ"展示 赤く染まった体に興味津々

2021年9月17日12:20
 北海道千歳市の千歳川では、秋の風物詩となっている「インディアン水車」によるサケの捕獲作業が行われています。

 千歳市の千歳川では、7月にインディアン水車が設置され、採卵用のサケの捕獲が行われています。 

 網ですくい上げられたサケは、素早くオスとメスに選別されていきます。 

 秋の風物詩となったこの様子を、橋の上から多くの人が見守っていました。 
 
 一方、千歳市の「サケのふるさと千歳水族館」では、9月6日からオスのベニザケを展示しています。 

 この時期オスは、繁殖期のために体が赤く染まり、背中が盛り上がっていて、訪れた人たちが興味深そうに見ていました。 

 水族館では緊急事態宣言の期間中、来場者を1時間あたり100人に制限していて、ホームページから事前予約が必要です。

直近のニュース