北海道ニュース UHB

【スケートボード】日本史上最年少で銀メダル獲得の開心那が苫小牧市長を表敬訪問”応援に感謝”

2021年9月17日18:30
 東京五輪スケートボード女子パークで日本史上最年少での銀メダルを獲得した開心那選手(13)が9月17日(金)、苫小牧市役所を訪れ岩倉博文市長にメダル獲得の報告をしました。

 午後5時過ぎに家族と共に苫小牧市役所を訪れた開選手は「応援ありがとうございました。おかげで銀メダルをとって苫小牧に帰ってくることができました」と苫小牧市民からの応援に感謝の意を伝えました。

 岩倉市長は「彼女がこれをゲットするまでにやってきた苦労を考えるとすごい重いと思う。次はゴールドを目指して頑張ってほしい」とねぎらいと激励の言葉をかけました。

 報告は距離をとりアクリル板越しに行われましたが記念撮影のときだけ外したマスクの中の表情も明るくほころんでいました。

 倶知安町出身で苫小牧市内の中学校に通う開選手は五輪当日は誕生日前で12歳。初めて挑んだ大舞台にも臆することなく次々と大技を決め日本勢史上最年少での銀メダルを獲得しました。

直近のニュース