北海道ニュース UHB

【カーリング】男女混合ダブルスも熱戦を誓う…18日から日本代表決定戦

2021年9月17日18:15
 北京オリンピックにつながるカーリングの男女混合ダブルス(MD、ミックスダブルス)日本代表決定戦を前に9月17日、大会に出場する3チーム6選手が決意を語りました。

 松村雄太選手(吉田・松村組)
 「こうした難しい状況の中でもプレーする場をあたえてもらえて感謝している。(女子決定戦の)盛り上がりを引き続き見せていきたい。ミックスダブルスも見ていて“面白い”と思える試合を全試合していきたい」。

 吉田夕梨花選手(同)
 「オリンピックは本当に簡単なものではないということは本当にしっかり言える。まず今、私がどうすべきか、どうしなければいけないか…今日、明日、1戦、1戦、目の前のことしか考えられない」。

 谷田康真選手(松村・谷田組)
 「カーリングというスポーツで少しでも良いプレーを見てもらい、少しでも何か感動や楽しさといったものをお届けできるように頑張ってプレーしたい」。

 松村千秋選手(同)
 「トライアル(代表決定戦)に挑戦できるよろこびを感じながらプレーしたい。オリンピックに向かうチャンスが4人制ではなくなってしまった。ダブルスでしっかり出場できるように白熱した試合をお見せしたい」。

 竹田直将選手(竹田・竹田組)
 「この機会が来るのを14年間待っていた。14年間狙い続けたものが少なくとも視界に入る状況にある。感慨深いものがあり、若干興奮している」。

 竹田智子選手(同)
 「私たちのチームは世界レベルの大会で戦う機会があまりなかったが、そうした世界レベルの大会に出場できるチャンスが目の前にある。1戦1戦大切に戦っていきたい」。

 ロコ・ソラーレで女子4人制の日本代表を決めている吉田夕梨花選手と男子4人制の日本代表コンサドーレに所属する松村雄太選手、谷田康真選手はダブルスとの複数種目での代表入りを目指しています。

 二刀流について聞かれ吉田夕梨花選手はー

 「(ロコ・ソラーレの)私だけではなく、(コンサドーレの)松村雄太、谷田康真も同じ状況なので、誰がどうなっても頑張ろうという感じ」と笑いました。

 カーリングの男女混合ダブルス日本代表決定戦には2020年の日本選手権に優勝した松村千秋選手と谷田康真選手の松村・谷田組。今年の日本チャンピオンの吉田夕梨花選手と松村雄太選手の吉田・松村組。さらに国際ランキング国内トップの竹田直将、智子夫妻の竹田・竹田組の3チームが出場。

 2回戦制のリーグ戦の結果で2チームに絞り、リーグ戦を含めて直接対決で先に3勝したチームが勝者となります。

 18日から競技がスタート、20日に北京五輪世界最終予選に出場する日本代表が決まります。

直近のニュース