北海道ニュース UHB

「今まで北海道では経験のない…」赤潮か 被害額"76億円"に拡大 ウニ68億円 ツブなど7億円

2021年10月21日18:55
 北海道東部を中心に発生した、赤潮が原因とみられるウニやサケなどの被害額が約76億円に上ることが分かりました。

 土屋 俊亮 北海道副知事:「この漁業被害は、今まで北海道では経験のないもの」

 北海道は10月21日、対策会議を開き赤潮が原因とみられる漁業被害について協議しました。

 会議では被害総額が約76億円に上ることが報告されました(10月18日現在)。

 そのうちウニが約68億円、サケが5500万円、ツブなどが7億円の被害となっています。

 北海道によりますと、少なくとも4種類の有害プランクトンが確認され、水温が高く塩分が低い所で赤潮が発生しています。

 北海道は原因究明を進めるとともに、4年間はほぼ生産が見込めないウニの種苗を安定供給する体制などを構築し、国に支援を要請する方針です。

直近のニュース