北海道ニュース UHB

陸橋の"ブラックアイスバーン"でスリップか…車6台が追突や分離帯に衝突 ほとんどが「夏タイヤ」装着

2021年10月22日11:53
 10月22日朝、北海道札幌市厚別区の陸橋が凍結した影響で車がスリップし、車両6台が絡む事故がありました。

 事故があったのは、札幌市厚別区厚別西1条5丁目のJR函館本線をまたぐ陸橋です。 

 10月22日午前6時45分ごろ、緩やかな下り坂で車線変更しようとした軽乗用車が、中央分離帯や後続車などに次々と衝突。合わせて車4台が絡む事故となりました。 

 また直後には、現場の手前でも車2台の追突事故も起きました。いずれの事故もケガ人はいません。 

 当時、陸橋の路面は約100メートルにわたって"ブラックアイスバーン"状態でした。 

 ほとんどの車が夏タイヤを装着していて、いずれも車がスリップしたことが事故の原因とみられています。 

 北海道内は強い寒気の影響で、週末にかけて平地でも氷点下の冷え込みになり、峠や山間部では雪が積もるところもあり、凍結や積雪路面に注意が必要です。

直近のニュース