北海道ニュース UHB

【スキージャンプ】高梨沙羅・小林陵侑が全日本選手権優勝 高梨は大会5連覇

2021年10月22日19:30
 10月22日(金)北海道の宮の森ジャンプ競技場で全日本スキー選手権(ノーマルヒル 女子・男子)が行われ、女子は北海道上川町出身の高梨沙羅選手(25)。男子は小林陵侑選手(24)が優勝しました。

 ノーマルヒル女子は、平昌五輪銅メダリストの高梨沙羅選手が1本目のジャンプで3位につけ迎えた2本目。1本目に続き、90メートル越えのジャンプを2本揃え(1本目:90.5m、2本目:90.5m)逆転優勝。高梨沙羅選手はこの大会5連覇となりました。

 またノーマルヒル男子では、小林陵侑選手が1本目のジャンプで2位となりましたが、こちらも2本目で逆転優勝。3位となった兄の小林潤志郎選手(30)とともに表彰台に上がりました。

 なお、小林陵侑選手が所属する土屋ホームの選手兼監督で、冬季最多となる9度目のオリンピック出場を目指す葛西紀明選手(49)は22位でした。

【女子結果】
優勝 高梨沙羅 236.1点
2位 丸山 希 235.8点
3位 伊藤有希 231.0点

【男子結果】
優勝 小林陵侑 255.8点
2位 佐藤慧一 236.7点
3位 小林潤志郎 234.0点

 ◆今後の大会スケジュール
10月24日 全日本スキー選手権(ラージヒル)兼NHK杯ジャンプ大会
10月30日 UHB杯ジャンプ大会

直近のニュース