北海道ニュース UHB

2年ぶり“地獄の谷の鬼花火”「アフターコロナの第一歩にしたい」登別温泉の名物行事 300人に入場制限

2021年10月23日18:50
 北海道の観光地登別温泉の名物行事「地獄の谷の鬼花火」が2年ぶりに開催されます。

 登別温泉の「鬼花火」は、いつもの年では3000人ほどが訪れる大きなイベントですが、2020年はコロナの感染拡大で中止されました。

 10月22日、2021年の開催に向けオープニングセレモニーが行われました。

 2021年の「鬼花火」は事前に予約した300人に限定して実施されます。

 登別国際観光コンベンション協会 唐神 昌子 会長:「登別温泉は新型コロナが広がり、ずっと沈黙の日々だった。アフターコロナの第一歩にしたい」

 北海道医療大学 塚本 容子 教授:「(イベントでは)司会の人が終わっても、とどまってください。順序よくと(案内するということ)でいかがでしょうか」

 鬼花火は10月23~24日の2日間、午後7時から行われます。

直近のニュース