北海道ニュース UHB

「還付金がある」"市職員"名乗る男から電話…60代女性不信感抱きながら向かった銀行で相談し被害免れる

2021年11月28日09:45
 11月27日、北海道石狩市の女性の自宅に、「市職員」を名乗る男から還付金があるなどという電話がありました。警察は還付金詐欺未遂事件として捜査しています。

 27日午後0時30分ごろに不審な電話があったのは、石狩市に住む60代の女性の自宅で、「石狩市職員」を名乗る男から「3万7000円の還付金があります。銀行のATMに着いたら、03-3518-5868に電話してください」などと伝えられました。

 女性は銀行に向かいましたが不信感が募り、到着後、銀行員に電話の内容を伝えたところ「詐欺事件の可能性が高いので、入金はやめたほうが良い」などと注意を受けました。

 そこに、女性の携帯電話に女の声で「銀行につきましたか。これからATMの操作方法をお伝えします」などと電話がありましたが、女性がその後指示に従わなかったため、被害はありませんでした。

 警察は、還付金詐欺未遂事件として捜査するとともに、「ATM機を操作してお金が戻ることはない。『残高照会してください』『ATMを操作して還付金が受け取れます』というのは詐欺」として注意を呼び掛けています。

 また、携帯電話で通話をしながらATMを操作している高齢者を見かけた際は、声を掛けてほしいと呼びかけています。

直近のニュース