北海道ニュース UHB

「ようやく降ってきた」札幌今シーズン初の"積雪10センチ超" ササラ電車も初出動 暴風・猛吹雪に警戒

2021年12月2日12:15
 発達中の低気圧の影響で、北海道内各地で大荒れの天気が続き、12月1日夜から雪が降り始めた札幌市は、2日朝一面の"雪景色"となりました。

 石井 祐里枝 アナウンサー:「雪が降り続いていて車には雪が覆いかぶさっています」

 札幌市では今シーズン初めて積雪10センチを超え、住宅地では雪かきに追われる人の姿が見られました。

 市民:「雪はねしておかないとケガでもされたら大変だなと思って」

 市民:「ようやく降ってきたなという感じ」

 札幌市中心部では「ササラ電車」も今シーズン初出動し、本格的な冬の到来を感じさせる朝となりました。

 一方、海岸沿いでは暴風が吹き荒れ警戒が続いています。

 1日深夜には、えりも岬で最大瞬間風速35メートル、増毛町で30.3メートル、留萌市でも27.9メートルを観測しています。

 日本海側と太平洋側では2日夕方にかけて引き続き、暴風、高波、猛吹雪への警戒が必要です。

直近のニュース